お肌のたるみ予防に効果的なリフトアップ成分として、ビタミンC誘導体やレチノール、ペプチドなどが…

リフトアップの女性

くすみやシミ・そばかすなどお肌の年齢サインと呼ばれる美容トラブルは、様々とあります。

中でも一番しっかりと対策したいトラブルは、やはりお肌の「たるみ」でしょう。

お肌のたるみは顔全体の印象に影響するだけでなく、ほうれい線などのシワを目立たせる原因にもなっていまいます。

50代からの化粧品選びは、リフトアップ効果のあるものを中心に見ていくことが大切ではないでしょうか。


お肌のたるみ予防に効果的なリフトアップ成分として、ビタミンC誘導体やレチノール、ペプチドなどが挙げられます。

ビタミンC誘導体はお肌にハリをもたらすだけでなく、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを予防してくれる優れた成分です。

その優れたアンチエイジング効果から、化粧水やクリーム・美容液等様々な化粧品に配合されています。


レチノールとはビタミンAのことであり、高い抗酸化作用やコラーゲン分泌の促進作用を持っています。

油溶性という性質を持つため、主にクリームなど油分のある化粧品に配合されている成分です。

この成分の優れた点は、皮膚の奥にある真皮内のコラーゲンを増やしてくれるところにあります。

肌の奥深くからハリを増加させていくことができるという、リフトアップに最適な効果を持っているのです。

コラーゲンを配合した化粧品を使っても今ひとつ効果が実感できない、そんな場合に試しておきたい成分だといえるでしょう。

またこの成分はターンオーバーを促進し、古い角質を取り除き毛穴を引き締めるという効果も持っています。

角質の剥離を促す作用があるため、肌が薄い方や敏感肌の方の場合、使用には注意が必要となるでしょう。


ペプチドはアミノ酸が連なった成分であり、お肌の老化を防ぐ効果を持っています。

線維芽細胞に直接作用し、コラーゲンとエラスチンの分泌も促進してくれる美容成分です。

コラーゲンとエラスチンは互いに作用し合いながら、肌に網状のネットワークを作り出しています。

どちらも皮膚に弾力性を与える重要な美容成分なのです。

この2つを同時にサポートするペプチドは、リフトアップに効果的な成分として様々な化粧品に取り入れられています。


ビタミンC誘導体にレチノール、そしてペプチドといった美容成分は、50代のお肌のケアにぴったりな効果を持っているのです。

年齢に負けないハリのある素肌を目指すなら、高いリフトアップ効果を持つ成分を取り入れた化粧品をチョイスしてケアを行いましょう。


リフトアップ化粧品@人気ランキング…調べました!
↓           ↓          ↓
ランキング



このページの先頭へ